これは逆鱗の呪いなのだろうか…

最初は『月穿ちセレーネ』を作ろうと思って、金火竜[1]の乱獲をしていたんですよ。

でも、相方が『激運[2]』が発動するゴールドルナシリーズを作るのを見て、おいらもちょっと欲しいかも…とか思いまして、乱獲にいそしんだ訳なのです。

雌火竜の逆鱗と紅玉という、いわばレアもの素材が要求されるのでまあ、簡単には作らせてくれないんだろうなあ…とは思っていましたが、実は、ある意味レアもの素材が密かに隠れていました。
それは『金火竜の上棘』。
頭装備に3つ必要なだけなのですが、どうしたものやら、なかなか出てくれません。
wikiを見て理由がわかりましたorz
なんと、『金火竜の上棘』は、『雌火竜の逆鱗』と同じ確率になってましたorz
出にくいわけだw
納得納得。

んじゃまあ、気長にやるしかないね。

足かけ3日間。
金火竜ばかり追いかけてみましたが…。
一向に出ません。
これはもしかして、センサー発動か!?
まあ、紅玉も逆鱗も足りないから仕方がないやね。
そう思って連戦に次ぐ連戦です。
ただでさえ、火竜が苦手なおいらは、おいら的には一番安全パイな弓『王弓エンライⅡ』にて、曲射で体力を奪うことをメインに足を引っ張らないように頑張りました。

で、何戦目かは覚えていないのですが、『逆鱗』がきました。
おおー、すげー。
逆鱗来たーっ!
とりあえず、必要だし、ラッキー。
おおっ、紅玉も来たーっ!
逆鱗また来たー!
すげーよ。

そして、2日目の何戦目か忘れましたが、ふと気づいたことがあるのです。
逆鱗はほぼ毎回と言うくらいに出るのに、『金火竜の上棘』は1つも出ていない
ということに。
逆鱗が出て嬉しいのは嬉しいのですが『今欲しいのは逆鱗じゃなくて上棘ですからぁ~』という悲痛ともいえる言葉が叫ばれることになったわけです。

まあ、そんなこんなで3日間、ずっと金火竜ばかりを追いかけ回したわけですが、『もう、いいや…疲れたorz』と思ったとたんに上棘が出て、無事、ゴールドルナ一式完成しました。おめでとうございます。
あれ?弓の強化は?
もちろん、達成されていませんorz
でも、金火竜さん、おなかいっぱいですorz
当分、いいです。辞退申し上げますorz

モンハンのナンバリングが進めば進むほど、影が薄くなってきた『逆鱗』というレアアイテムの呪いだったのではないのか?
という、新しい都市伝説を提唱してみようかと思うのですが、どうでしょう?

余談ですが、この3日間で集まった逆鱗は10個、相方は総数で十数個あったそうです。
そして、相方も同じく『上棘』が一向に出なかったそうです。

  1. [1]金色の体色をしているリオレイア希少種のこと
  2. [2]特殊な場合を除きクエストクリア時の報酬が増減する

Comments are closed.