VOCALOIDなこの頃

最近はすっかりVOCALOIDなこの頃です。

VOCALOIDにそれほど興味があったわけではないのですが、興味を抱くようになったきっかけは実は全然別なところ。

ずいぶん前から電撃文庫(アスキー・メディア・ワークス)を読みあさるようになって、そして最近読んだ

を読んだのがきっかけなんです。
直接VOCALOIDが出てくるというものではないのですが、このお話があまりにも良かったため、『ここで何か書きたいなあ』みたいな衝動に駆られたという成り行きなのです。

以前にも書いてますが、おいらはレビューは書きたくないんです。おいらが書いたところで、もう、数多の先人の皆様が素晴らしいレビューを書いているはずですのでおいらが書く必要はないし、書く意味もないしね。
で、ここでは、読んだお話をネタに『何か書く』というある意味『本と関係なくね?』という与太話を書いてきたわけです。
でも、このお話だけは何かそう言うのじゃなくて何か別の方法で伝えたいっ!みたいな気分になったんですよ。
んじゃあ、なに?
そう思ったときに、そういえば学生の頃に好きで『詩』を書いていたんだよなあと想ったわけです。
何か、それが伝えたい気持ちを表現できそうだな!って、想ったんですよ。
そう思ったのと同時に『文字じゃ何か足りないなあ』とも想ったんですよ。
でね。頭をよぎったのはVOCALOID。
VOCALOID™ / ボーカロイド 公式サイト : 製品ラインアップ
へー、ミクだけじゃないんだな…と、ここで初めて知った世間知らずです(w)
製品ラインアップのページを起点にいろいろ見たり聞いたりして、『結月ゆかり』に興味を持ちました。
そしてVOCALOMAKETS / ボカロマケッツ 公式サイトで聴いたサンプルの中にあった『demo11:紲月歌(せつげつか)』 を聴いて惚れ惚れしました。

でもね。
一つだけ問題があるんです。
おいらに曲なんて作れません(爆)
元々、そんな素養はないのでたぶん、やれても人様の曲においらの詩を作るだけ。
カラオケとかインストルメンタル[1]でも公開されていたら、それに載せて作れるんだけど…まあ、そんなものはないからたぶんやったとしても『鼻歌』レベルの事くらいだね。

もっとも、そう、思い立ったのはいいけど、最近はVOCALOIDの曲をニコ動やYouTubeで探して聴いているのがもっぱらの行動。
思い立ったことが実行できるのは果たしていつなんでしょうね(^_^;

と言うわけで、最近よく聴いている曲です。

【結月ゆかり】紲月歌(せつげつか)【VOCALOID3オリジナル】 ‐ ニコニコ動画(原宿)

【結月ゆかり】MizzCi【オリジナル】 ‐ ニコニコ動画(原宿)
【結月ゆかり】 陽炎 【オリジナル】 ‐ ニコニコ動画(原宿)

【GUMI Whisper】euphoria harmonix【オリジナル】 ‐ ニコニコ動画(原宿)

Liaの「鳥の詩」を結月ゆかりで。(VOCALOID3 Yuzuki Yukari sings Tori no uta) – YouTube

他にも沢山ある[2]けどきりがないので…(^_^;

  1. [1]instrumental=>(ボーカルでなく)楽器[器楽]用の, 楽器で演奏される(⇔vocal).
  2. [2]ニコ動のマイリストhttp://www.nicovideo.jp/my/mylist#/30664091

Comments are closed.