2013年6月の読書メーターまとめ

今年の人生も、もう、折り返す時期が来てしまいました。
人生、早いモノですね。

学生だった時期に読書家だったおいらが、再び読書家になるきっかけを与えてくれた『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』シリーズが、ついに完結を迎えてしまいました。
楽しくて、切なくて、いろいろな人間ドラマを演出してくれた作者の伏見つかささんに感謝します。
願わくば、もっともっと読んでいたかったです。

まあ、そんな一大転機を迎えてしまった6月の読書メーターまとめです。


2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1904ページ
ナイス数:21ナイス

無限のドリフター 世界は天使のもの (電撃文庫)無限のドリフター 世界は天使のもの (電撃文庫)感想
人類が崩壊した世界観ではあったけど、面白く読ませていただきました。いろいろな仕掛けがありましたけど、これがキチンと仕組まれていた結果だとしたら凄いですね。極端な物語の破綻もなかったし何となく、納得させられた運びに作者の思い入れを感じました。続きがあれば読んでみたいですが、これはこれで終わりでも良いかな…★★★★★
読了日:6月3日 著者:樹常楓
嫁にしろと迫る幼馴染みのために××してみた (3) (電撃文庫)嫁にしろと迫る幼馴染みのために××してみた (3) (電撃文庫)感想
まさかのダイエット成功物語。そして、最終回です。まあ都合よく言ったからいいのかな(^_^; なんか、駆け足気味でちょっと印象に残っているモノが少ないのが残念です。まあ、物語としては面白かったです。次回作はどんな感じのモノでしょうかね。
読了日:6月9日 著者:風見周
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)感想
ついに、最後の時を迎えてしまいました。最終巻です。個人的にはいろいろな分岐ルートをもっとみてみたかったのですが、まあ、ヒロインは一人ですからね。致し方ないというかまあ、これが本筋だよねって言うか…。考えてみれば、こういう未練を抱かさせるところにこの作品の素晴らしさがあると言うんですかね。叶うならば、もっと続きが読んでみたい…と。そんなシリーズでした。5年間、ありがとうございました。
読了日:6月13日 著者:伏見つかさ
魔法科高校の劣等生 (10) 来訪者編(中) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (10) 来訪者編(中) (電撃文庫)感想
ものすごく気になる展開になっているのに、じれったくてものすごく不満なのはなぜなんだろうか?単にアレなのかな…『待ちきれないから早く次を出してー!』って事なのかな??まあ、上中下の真ん中ってこんなモノなのかな…orz
読了日:6月19日 著者:佐島勤
アクセル・ワールド (14) ―激光の大天使― (電撃文庫)アクセル・ワールド (14) ―激光の大天使― (電撃文庫)感想
はい、中編です。終わりません。復活したカレンさん、なんか影が薄いような…。カバーがニコだからだろうか(^_^; 一応、お話はてんこ盛りなんだけどなんかまとまりがないなあという感じがしました。中編だからまだまだすっきりしていないだけなんかもしれませんけど。とりあえず、早くしてください、次巻!
読了日:6月24日 著者:川原礫
斉藤アリスは有害です。 (2) ~あなたが未来の魔王です~ (電撃文庫)斉藤アリスは有害です。 (2) ~あなたが未来の魔王です~ (電撃文庫)感想
まさかの2巻です。確かに、続いたら良いな…とは思って居ましたが、一応のケリは付いたので続刊はないかな…と内心思っていましたが、嬉しいサプライズです。今回、ドロシーという新たなキャラ(カバー絵)が登場したわけですが、何となく、どこか他の本の設定とかぶっている気がしたのは気がつかなかったことにして、このドロシーちゃんがどうアリスに絡んでくるのかな…と思ったんですが、なんとっ!と言う展開で。物語としてもキチンとまとまっていた(と思う)し、何しろハッピーエンドで終わるのは良いことです。うんうん。で、次は?
読了日:6月29日 著者:中維

読書メーター


Comments are closed.