Xperia Z3へ、ようこそ

2014年10月23日にau(と、ドコモ)から発売になったソニーモバイルのXperia™ Z3 SOL26 | ソニーモバイルコミュニケーションズへと、機種変更をしました。

まあ、変更した理由の一番大きな要因は、それまで使っていたXperia™ UL SOL22 | ソニーモバイルコミュニケーションズが、今の使い方ではバッテリー[1]心許ない状態になってきたという。
いや、使わなければちゃんと一日持ちますよ。
でも、それはそれで変ですよね?
使うために持っているにもかかわらず、使わなければ…っていうのは、だったら持たなきゃいいでしょ…となるわけで、本末転倒論になってしまいます。
だから、持つ以上は使える状態でなければ意味はないわけです(どっちかというと言い訳というか、口実?)。

発売に先駆けてauから機種変するなら10,000割り引きますよクーポンが来たのも大きな要因です。
それに加えて下取りでほぼ同額で引き取るというのもですね。

閑話休題

Xperia ULからXperia Z3に交換してみて感じたことをいくつか書き記しておこうかと思います。

まず、一番に感じたことは想像以上にスマート!
おいらは、ネックストラップをつけてほぼ、胸ポケットに収納して使っています。
あ、ちなみに、まだガラケー併用です。
Xperia ULの時は、かなりポケットぎゅうぎゅうになってました。
ボールペンを挟むのも苦労するくらい。

それが、Xperia Z3では割と余裕が出来ました。
本体の横幅はほぼ変わらない[2]のに、厚みが3.2mmも薄くなってる![3]
これがポケットにすんなり収まる理由でしょうか。
たかだか3mm程度の差ですが、こと、ポケットに関して言えば大きな違いなんですね。
ただし、高さが9mmもデカク[4]なりましたので、かなり飛び出しましたがっ(^_^;

動作性能という点では、これはもう、新しいZ3の方が良いに決まっています。
後者の方が良い頭脳[5])を使いますからね、普通は。

勤務時間帯の問題で発売日には機種変更には行けなかったので、ちょうど一週間前の土曜日に変更に行ってきたわけで、まだまだ大して使えている段階ではないですが…。
おいらが真っ先にする設定が画面の明るさなんです。
デフォルトの輝度だと、眼が痛いのでw だいたい20~30%位の位置にセットします。
ここで地味な改良がされているのか?どうかは確認できませんが、ULの場合は、任意の輝度を設定した段階で『明るさの自動調整』チェックが外れます!つまり、環境にかかわらず設定した輝度でしか表示されないわけです。
まあ、簡単に言えばさほど明るくもない自宅では全く問題にもならないのですが、屋外や、明るめの室内だとかなり見にくくなります!
ところが、Z3では、任意の輝度に設定しても『明るさの自動調整』チェックが外れませんっ!!!
これは、うれしい限りですねっ!
Z3_display_001
あ、でもあれですよ、バグという可能性も否定できないわけでひょっとするとぬか喜びの恐れもあるのであれなんですけど…おいらの気分的には任意の輝度をベースとした自動調整が働いているのではないかと勝手に思い込んでいます(^_^;

他には、スタミナモードがデフォルトで入っているのも地味にうれしいです。
ULの時はアプリを仕込んで電波オフとかやってましたからね…。

逆に『えっ?!』というものありました。
まあ、これは致し方のない部分でもあるのでしょうが、UL用に買った充電用の共通アダプターが使えません![6]
アダプターだけが無駄に増えていくのはあまり環境に優しいとはいえないので、何とかして欲しいものです。
ショップで回収してくれないかな?[7]

機種変更のついでに料金プランの見直しとかもしてもらいました。
ガラケーにしても、スマホにしても通話をほとんどしない。
ガラケーの料金が『メールアドレスを維持するためだけの状態』なんだそうで、もったいないとか。
なので、ガラケーは料金プランを変更してもらった。
なんでもwebは絶対に見るな!と堅く言いつけられましたw
たぶん、パケット代が超高価なプランにしてもらったんだね、きっと。
次の段階はガラケーの解約という方向性の方が良さそうだな。
肝心のスマホZ3の方の料金プランは、おいらの場合は変更しない方が良いとのことでした。
通話しないし、毎月のパケット量も3G前後だし、通話もしないので今のLTEプランのままの方がお安くなりますということでした。
ま、これでしばらく様子見ですね。
快適になったことで増えるかもしれないからね…要注意だ(^_^;

余興ですが、今のZ3の環境でのmikumikubenchなどw
Screenshot (Z3)
セキュリティアプリでKasperskyが入っているので工場出荷時よりは重いはずなのです。

  1. [1]UL=2300mAh、Z3=3100mAh
  2. [2]UL=71mm、Z3=72mm
  3. [3]UL=10.5mm、Z3=7.2mm
  4. [4]UL=135mm、Z3=146mm
  5. [5]UL=APQ8064 1.5GHz クアッドコアCPU
    Z3=Qualcomm Snapdragon 801(MSM8974AC) Quad-core with 2.5GHz
    ただし、おいらにはどのくらいどう違うのかは判りませぬ(ToT
  6. [6]プラグ自体は同じ規格なんだと思うけど、電圧とかその他諸々の変更でだと思います。なんか、充電されない可能性があるらしいです!
  7. [7]回収してくれるんじゃないのかな?とか思うけど、調べてすら居ないw
Updated: 2014年11月15日

*2014/11/15* 誤字脱字の見つけた部分を修正

Comments are closed.